スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王子様抱っこ

Category: SS > お題SS  
4本目

完全なるダイス任せの結果

シュヴァとノイズ姐さん

初めて使わせてもらうお宅の子だったので
彼の発言拾って観察をじーっとしてたら結構時間かかった気がした。
折角使わせてもらうならちゃんとそれらしくしたかったんだ






【王子様抱っこ】


「こんな恐怖に夢見る女はおかしい…!」
「あらあら、そんなに怖いかしら?」
「この状況で落ち着けってのは無理がある…!」
「突然落としたりしないわよ、暴れたら落としちゃうかもしれないケド」


語尾にハートが付きそうな程
愉快だと笑ったノイズと今の俺の状況は少し前に遡る必要がある


「恋愛物に良くあるお姫様抱っこについてどう思う?」
「素敵じゃない?アタシは好きねェ」
「する側?される側?」
「する側に決まってンじゃない」
「嗚呼、そうなんだ」


恋愛物の小説をぱたりと閉じる。良くあるベタな展開とベタなオチ。
その中にあった『お姫様抱っこ』それに乙女心を擽られる女性は多いだろう


「珍しいもの読むのねェ」
「貰いもん、良くあるベタな展開だった、何が面白いのやら」


無造作に放った本をノイズの視線が追う。それを手に取りパラパラと捲った後、ぽつり


「その夢見る乙女心を経験してみたらいいんじゃないかしら」
「どうやって。性転換だのなんだのはナシだぞ」
「やぁねェ、そういう話じゃないわよ、こういうコト」


するりと白いく細いノイズの腕が伸び、そうして冒頭に戻る――…


「あら?意外と大人しいのねェ」
「暴れたら落とすつったのノイズだろ…!」
「ふふっ、これで啼いてくれたら最高なのに、ちょっと啼いてみない?」
「ノイズとこういう話はもうしない」
「どうしてよー、楽しいじゃない」
「俺は楽しくない」
「不服そうなその顔もイイわね」


極上の笑みを浮かべたノイズに盛大な溜息を一つ、わざとらしく零した

Newer Entryたくさんの嘘とひとつの真実

Older Entryそれ、誘ってる?

Comments



« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

EmperoR(ID:1bun)

Author:EmperoR(ID:1bun)
部隊長:シュヴァリエ

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。