FC2ブログ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛い、けど、気持ちいい

Category: SS > お題SS  
6本目。
魔女さんとこのリラさんをお迎えして一つ。

お題からしてマッサージっぽい。
アダルト変換はしないように頑張る。今回の目標です。

アダルトになるともう鍵掛けしなきゃならんのでね







【痛い、けど、気持ちいい】


ごり――…

打ち付けるように胸元に押し付けられた頭がグリグリと動く。
彼女の髪から香る華と、混ざり合う紫煙は決していい匂い、とは言えないだろう。

以前のような鮮やかなピンクでも、もっと以前のような漆黒でもない。
薄らと淡くピンクを残す黒髪は彼女の身に起きた変化の一つ


「リラ、痛い」
「私は痛くないわよ」


未だにグリグリと動く
髪が擦れる度に摩擦で火傷でもしそうだ

一定のリズムで左右から上下も加わり、当の本人は大した表情も変えず


「でしょうね、寄り掛かるのに何でそのオプションがつくんだ」
「素敵な特典じゃない、私が――…」
「…はぁ?なんて?」


か細い。
微かな擦れの音が邪魔をして聞き取れなかった言葉と彼女の不貞腐れたような表情


「な、なによっ!」
「……あー、うん。そうね、お前はそういうヤツだった」
「だ、だから勝手に何を納得しているのかと聞いているのよ!」
「何でもねえ。それより痛い、そろそろ火事になりそう」
「なるわけないじゃないの…」


痛い、けど――…


「それ肩甲骨辺りにやってくれたら気持ちいかもしんね」
「やらないわよ」


Newer Entryあれはなかったことにして欲しい

Older Entryたくさんの嘘とひとつの真実

Comments



« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

EmperoR(ID:1bun)

Author:EmperoR(ID:1bun)
部隊長:シュヴァリエ

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。