スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言い訳をするなら

Category: SS > お題SS  
13本目。

ダグの方が年上の筈なんだけど
シュヴァとダグがお話すると大抵こんな感じになる。イメージがある

偶には男同士のお話でも。





【言い訳をするなら】


以前なら然程気には留めなかっただろう
少なくとも俺が実家にいた頃、次女に浮ついた話はなかった筈だ。

基本的に地下の研究室に籠ってるのが当たり前のような人で
見た目も似てる俺は少しばかり苦手に思う事が多い
まぁ、賢い人の考えてる事は理解し難い、それ以外のも理由はあるが


そんな次女でも――…と想像したくはないわけだが
想像せざる得ない状況になっている。

そのお相手さんのお蔭で
触れなければ良い事だと思っていたのに、目に付けば気になるものは気になる


「この季節に…蚊か」
「ん?――ああ、ちっとな」


煙草を咥えた彼を真似るように煙草を咥える
そう言えば、最近ジョゼ姉の煙草の本数が減ったような――…


「……まさか!?」
「うお!ビビった、急に大声出すんじゃねえよ」
「い、いつ…?え、待て…ちょっと待て」
「お前何の話してんだ?」


怪訝そうな目を向ける彼にちらりと視線を投げる


「男の子がいい!いやー…けどどっちでもいいか…」
「おい、勝手な妄想進めるんじゃねえ、まだキス止まりだバカ野郎」
「キス止まりな訳あるか!言い訳するならもっとうまい事言い訳しろよ!」
「言い訳じゃねえよ…!」


思った以上に狼狽えた彼に目を疑う
いやいや、そんなまさか…。ガキでもあるまい


「…流石にもうちょい進んでるだろ、どこの中学生だよ」
「大事にしてぇの、今迄と違って」
「…いやー、あっちぃな。アイスコーヒーでも飲むか」
「おー、大人しく飲んで寝てろ」


煙草を揉み消し珈琲を啜った彼を確認してから一言


「似てるからって襲わないでね、義兄さん」


盛大に噎せた様にフッと笑って背後から聞こえた叫び声に声をあげて笑った


『お前襲う位なら本人襲うわ!』


まだまだ、先だな

Newer Entry今日は特別

Older Entry12期について

Comments



« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

EmperoR(ID:1bun)

Author:EmperoR(ID:1bun)
部隊長:シュヴァリエ

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。