スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

執着のキス

Category: SS > お題SS  
シュヴァリエ=ディノワールが笑いながら
首筋に執着のキスをするところを描き(書き)ます

色々な所のお子さんをお借りして
全部BLになりましたな!?



【シュヴァ愛】
喜怒哀楽の激しい子ではないと思った。
それが第一印象で愛らしい見目、名とは裏腹に「俺」と紡ぐ少年は
赤と黒の双眸をぱちくりとさせた。
印象的な泣き黒子を撫ぜ滑らかな頬を伝う指先に
「シュヴァリエさん」と漏れた唇に指を押し当てる。

笑めば、息を飲んだ少年の首筋に唇を添えた

【シュヴァユウ】
蒼く光る毛先に触れる
寝息が変わったのは気配に気付いたからだろう
金眼は眩しさに細められ「あんたか」と寝起きの擦れた声に
ぞく、と駆け上がる熱
「キスの格言って知ってるか」と問えば彼の尾が腰に巻きついた。

誘われるままその首筋にリップ音を響かせた

【シュヴァレオル】
一人掛けのソファーは狭いというのに股の間に白い足が映った
咥えていた煙草を抜きとる所作と見下ろす蜂蜜
またよからぬ事を考えているのかと、時折魅せる表情

耳朶に触れた唇が意味するものを感じ取り、視界の端に映った白い首筋に歯を立てた

「誘惑?執着だろ?」


【カイトシュヴァ】
吸い過ぎとちゃうか
独特のイントネーションで問うた男がレンズ越しに笑む
言う割りその煙草を止めるでもない
この飄々とした男は掴むに掴めない
例え俺が別の誰かと遊んだとて咎めないのだろう
遊ぶ気など到底ないが――

首筋に噛みつけばクツクツと嗤う声が落ちた

【黒シュヴァ】
猫のようだ、と黒鬼が笑った
首輪でも付けるか?と問えば、それは必要ない、と指先が頬を伝う

「なくてもお前は寄ってくるだろ?」

なんて自信に溢れた黒鬼に溜息
「可愛らしい愛玩動物と思わん方がいいな?」

首、噛み千切るかもしれんぞ、と
黒鬼の首に口付けた

Newer Entryあーあー…

Older Entry更新してなくて

Comments



« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

EmperoR(ID:1bun)

Author:EmperoR(ID:1bun)
部隊長:シュヴァリエ

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。